BLOG

”笑人士”の想いを伝えます。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 女性活躍推進
  4. 【女性活躍推進の課題・問題点を解決!】女性活躍推進に必要なこと②

【女性活躍推進の課題・問題点を解決!】女性活躍推進に必要なこと②

女性活躍推進をどんどん進めていくためには、
女性活躍推進に対し、女性をポジティブにすればいい!

そのためには、

男性に3つの力をつけてほしい!

3つの力とは、

共感力
直働力
感謝力

この3つです。

で、前回は、1つめの共感力についてお話ししました。
(前回を読まれていない方はコチラをご覧ください)
⇒⇒⇒【女性活躍推進の課題・問題点を解決!】女性活躍推進に必要なこと①

お読みいただければおわかりになると思いますが、
この共感力、めちゃくちゃ大事です!
共感力を高めるための方法はたくさんたくさんあります。
全部は書ききれないので、最も重要なことの一つ
「話を最後まで聴く」についてお話しました。

サラッと書いてしまっているので
もしかしたら難しさが伝わってないかもしれませんが、
女性のお話を最後まで聴ける方ってそんなにいないですよ。

大事なことはみなさん理解されていますが、
じゃあ実際にできるかと言うと、
私の経験上、めちゃくちゃ少ないです。

夕食を食べながら奥様がお話しているときに
「ねぇ、ちゃんと聞いてるっ?」
と言われたことはないですか?

聞いているか、聞いていないかはすぐに分かるんですね。
お話を聴くことで大きな信頼関係が生まれます。
だから、最後までお話を聴いてくださいね。

今日は2つめのお話をします。
2つめは 直働力(ちょくどうりょく)です。
これもすごくすごく大事です。

”直働” とは、すぐに働くことです。

例えば一緒にお仕事している女性に、
「月末に部長に提出する資料を作りました。
まだ先ですがご確認お願いしていいですか?」
と言われ、

「あー、確認しておくよ!」
と言いながら書類の山の中に眠ってしまい、期限直前に
「加藤さん、あの書類確認してくれましたか?」
と言われ、慌てて書類を探して確認・・・なんてことはないですか?

また、お家で奥様に、
「電球切れたんだけど買ってきて取り替えてくれない?」
と言われ、
「あー、やっとくよ」
と言いながら、1ヶ月も2ヶ月も忘れたままになっている
なんてことはないですか?

こんなことよくありますよねー。
私自身、こんなことがたくさんあって、
女性社員の信頼をどん底に落としてしまった
なんてことがあります。

「仏の顔も三度まで」ではないですが、
1度や2度なら許してくれますが、3度目になるとさすがに
「いい加減でだらしない人」というレッテルを貼られます。

じゃあ、そもそもなぜできないのでしょうか?

それは、

あなたの優先順位が低いから。
なぜ優先順位が低いのでしょうか?
はい、それは、面倒くさいから。
あなたにとって面倒くさいことですので
優先順位が低くなるのです。

頼んだ方の優先順位はとてもとても高いです。
瞬間的に優先順位1位かもしれません。
しかし、あなたにとっての優先順位は圏外です。
だから、放ったらかしにして忘れてしまうんです。

どうですか?
あなたが上司に提出したもののフィードバックが
めちゃくちゃ遅かったら。

上司に頼まれて時間と力をかけて渾身の資料を作りました。
そして、上司に「できましたのでご確認をお願いします!」と
お渡ししました。
上司は「ありがとう!」と笑顔で受け取りました。
あなたは資料を読んだ上司の反応が楽しみです。

しかし、1週間経っても、2週間経っても、1ヶ月経っても
なんのフィードバックもありません。
何気なくふと上司の机を見ると、手渡したままの状態で
置いています。
たまりかねたあなたは上司に「先日の資料ご確認いただけましたか?」と
聞きました。

すると上司は、
「あー、すまない。忙しくてまだ読めてないんだよ。
すぐ読むから、ちょっと待ってくれないか。」

ざけんじゃねーよ!!!

こんな感じになりませんか?
これも優先順位の差なんですね。
こんなことから信頼関係は音を立てて崩れていくんです。

女性がお願いしてきたこと、頼まれごとは、
瞬間的に優先順位が高いです。
だから、その期待に応えてこそ信頼関係が深まっていくんです。

だから、お願いされたこと、頼まれごとは
すぐする!
ことがとてもとても大事です。

では、そのためにどうすればいいのでしょうか? 
こんなときは脳の仕組みを利用します。
女性のお願いごと、頼まれごとを
「すぐやろう!」
と、プラス感情・思考になればいいのです。

そのためにとっておきの方法があります。
それは、
「0.2秒の返事」です。

お願いされたり、頼みごとをされたときに、
大きな声で笑顔で
「ハイ!!!」
と返事をすればいいのです。

0.2秒で返事をすることで脳はプラス感情・思考になり、
それをすぐやろう!と思えるのです。
もし、今すぐはできないとしても、
返事をしたことで脳は早くやろうと動きますから
忘れないように記憶され、必ずやり遂げるようになります。

たったこれだけです。
たったこれだけで、女性とあなたの信頼関係は
すごくすごく深まります。

0.2秒の返事が、
女性活躍推進の課題・問題点を解決します!

ぜひ、女性からのお願いごと、頼まれごとには
0.2秒の返事ですぐとりかかるようにしてください。

次回は3つめの感謝力についてお話します。

関連記事