禁煙チャレンジ

Let's stop Smoking !!!

参加費無料!
松山市にお住まいの方5名様限定!
禁煙チャレンジモニター参加者大募集!!!

日本の喫煙状況は?

「禁煙したいと思いながらきっかけがなくて・・・」
「チャレンジしたことあるけど失敗してしまったので次こそは・・・」
「禁煙したいけどムリだろうなー・・・」

JT(日本たばこ産業)が行いました「2018年全国たばこ喫煙者率調査」によりますと、成人男性の平均喫煙率は27.8%で、最も高いのは40歳代の35.5%でした。ピークの昭和41年の83.7%と比較しますと、約50年間で56%も減少しました。
女性の平均喫煙率は8.7%、最も高いのは40歳代の13.6%でした。女性の喫煙率はピークの昭和41年以降ほぼ横ばいです。
喫煙率は減少しているものの諸外国に比べますと未だ高い状況で、約1,400万人の喫煙者がいると推定されています。
厚生労働省の調査によりますと、喫煙者の3人に1人が禁煙したいと思っています。しかし、禁煙に挑戦して6ヶ月以上続いた人はわずか10%ほどだそうです。

なぜ禁煙できないの?なぜ続けられないの?

「禁煙できない」、「禁煙してもすぐに吸ってしまう」のは、身体的依存心理的依存が原因です。

【身体的依存=ニコチン依存症】
タバコに含まれるニコチンが、脳の特定の神経細胞の受容体に結びつくと、快感ホルモンのドーパミンが過剰に放出されます。そのため、ニコチンが少しでも切れると、喫煙せずにはいられなくなります。また、同じ量でのニコチンでは満足できなくなり、喫煙量は増えていきます。ニコチンは、麻薬以上に依存性が強いと言われています。

【心理的依存】
「仕事で辛いときや苦しいときや気分が落ち込んだときにタバコで解消できた」
「嬉しいことがあったときに吸った一服がとても気分良かった」
このように、喫煙に対する良い感情やプラスイメージが記憶されていると、同じように辛い状況や嬉しい状況になると、その記憶が引き出されて吸いたくなってしまうのです。逆に、「タバコは健康に悪くないのに」などの思い込みで、禁煙に対してマイナスイメージが強いと禁煙は難しくなってしまいます。タバコに対する思い込みやイメージが心理的依存につながります。

禁煙するにはどうすればいいの?

私は禁煙して20年です。禁煙前は、起床後、仕事中の休憩時間、食事の前後、運転中、パ◯◯コ中、就寝前など、一日に一箱近く、それ以上吸っているときもありました。
禁煙するきっかけは当時の彼女(今の奥さん)です。結婚したら、子供が生まれたらタバコをやめると言いながら吸っている私に、「やめれないんだったら、やめるやめるって言わないで!」と強い口調で言ったのです。「じゃあ、今すぐやめるわっ!」と、すぐにタバコを消して、残りも捨てました(もったいなかったですが)。
これで完全禁煙と思いきや、もらいタバコ(一番迷惑なやつ)をしたり、何年か経って一時的に復活したりもありましたが、今は完全に禁煙できていますし、今後も吸うことはないです(キッパリ!)。
禁煙宣言をすると、煙を顔にかけてきたり、飲み会の時に勧めてきたりする人もいました。周りに吸っている人がたくさんいるとついつい吸いたくなってしまい、メンタルが弱い私は心が何度もグラグラ揺れ動きましたが、奥さんの顔を思い浮かべながらなんとか耐え忍んでいました。
禁煙は意志の力でするものと思われています。禁煙に失敗すると「意思が弱い」と思ってしまうのですが、意思の力では禁煙できません。ダイエットなど、他のことも同じです。意思の力で禁煙しようとすると、「タバコを吸ってはいけない」「みんなに宣言したから成功させなければならない」などとプレッシャーをかけてしまいます。プレッシャーをかけてしまうと、脳の仕組み上、うまくいかないんです。
じゃあ、どうすればいいんでしょうか?
それは、タバコに対する感情をコントロール(心理的依存からの脱却)してやればいいのです。これができれば、禁煙に成功します!

禁煙にチャレンジしよう!!!

ここで一つお伝えしておきます。
タバコは決して ”いけないもの” ではありません。法律で認められている嗜好品です。90歳過ぎたおじいちゃんが、ガンガン喫煙しながら元気に楽しく過ごしている姿が以前テレビで紹介されていました。「タバコ=悪」と思ってしまうのですが、必ずしもそうとは言い切れません。
しかし、お医者さんなど有識者が警鐘を鳴らしている通り、身体にかなりの悪影響を与えかねないというリスクがあります。このリスクを回避して、少しでも健康に過ごしたいと思われている方は、ぜひ禁煙にチャレンジしましょう!
「そうは言っても一人ではなかなか・・・」と思われている方もたくさんいらっしゃるでしょう。そこで、今回、禁煙したいと思われている方のお手伝いをさせていただきます!ということで、「禁煙チャレンジモニター企画」を開催いたします!一人では禁煙に自信がないと言われる方も、誰かと一緒なら成功できるイメージを持てるのではないでしょうか。
「今までできなかったけど今度こそは本気で禁煙にチャレンジしたい!」という方、ぜひご連絡ください!一生懸命にお手伝いさせていただきます。
ただし、参加条件がございますので、下記をよくお読みになられてお申し込みください。
みなさんのご応募をお待ちしています!

「禁煙チャレンジモニター企画」参加条件

⚫松山市にお住まい(松山市に来られる方であればOK)の二十歳以上の方 限定5名様
 ※ご応募多数の場合はご応募内容を確認させていただき決定させていただきます。
⚫ご応募期間 2020年 2月29日(土)
~2020年 3月 13日(金) 
⚫本気で禁煙をお考えの方(ご自身の意思でご応募ください)
⚫チャレンジ期間は3ヶ月間で、5名様一斉のスタート(3月下旬頃予定)となります。
 スタート日・3日目・3週間目・6週間目・9週間目・12周間目(3ヶ月後)など、定期的にお集まりいただき状況をお伺いさせていただきます。また、チャレンジ期間中は、目標シート・日誌のご記載をいただきます。このようなことにご協力いただけますようお願いいたします。
⚫チャレンジ期間中にメール・LINEなどでご連絡させていただきますことをご了承くださいませ。また、必ずご返信をお願いいたします。
⚫チャレンジ内容(プログラム詳細)を第三者に開示しない(SNS含む)ことのお約束をお願いいたします。開示されたことが見受けられた場合は、その時点で中止させていただきます。ご自身のチャレンジの状況やお気持ちについてはどんどん発信してください。
⚫当禁煙チャレンジ企画は、喫煙に対する感情をコントロールすることで禁煙を実現しようという企画です。あくまでチャレンジ企画ですので、必ずしも、禁煙達成を保証するものではございませんことご了承ください。
チャレンジに当たりましては、医師などの診断・診察を受けたり、薬を服用したりなどは一切いたしません。また、当方は、煙草・喫煙に対する専門的知識も持っておりませんので、煙草・喫煙の影響や病気などについて教示・助言などすることは一切ありません。

ご応募方法

ご応募専用ページのアンケートにご記入の上、ご応募をお願いいたします。
<ご応募はコチラ>

あなたのチャレンジは必ず成功します!
成功した先に待っている未来に飛び出そう!!